脳幹圧迫完全解放手技(芸術) 背骨のライン判定(科学) 脳幹=完全脳の理論(哲学)

脳幹の圧迫(頭と首で発生する512種類のネジレ)を完全に解き、
3日間で30時間の休息中に、活性化させた5つの完全な調整力
(自律神経系・免疫系・内分泌系・脊髄筋肉系・広範囲調節系)
によって精密で強力に病気を治させる施術法です!

詳細はこちら

内分泌系の視床下部の圧迫を脳幹圧迫完全解放手技で改善しよう!!

お役立ち情報

みなさんは脳幹が圧迫されると、大変なことになるということを知っていますか?
脳幹が圧迫されると、自律神経系が弱体化します。

自律神経系が弱体化するとは、交感神経と副交感系神経のバランスが崩れてしまうことです。何かしらの原因により、自律神経が弱ってしまって自律神経失調症が起こります。その主な原因の一つが脳幹が圧迫されることです。

まずは、脳幹について、そして脳幹が圧迫されと起こることについて、ご説明いたします。

・脳幹とは?

脳幹とは、脳と脊髄をつなぐ器官で、背骨を介して、生命を維持する機能を制御しています。この脳幹のおかげで、私たち人間は完璧に健康をコントロールできる力を持っており、体を壊したり、病気にかかったりしにくくなります。

・脳幹がなぜ圧迫されるか?

私たちは生きていく上で、毎日何かしらのストレスを感じており、そのストレスが原因で脳幹が圧迫されます。
このように、私たちは常に脳幹が圧迫されている状態であることがわかります。

では、脳幹が圧迫されると、なぜ自律神経失調症になるのかを次にご説明いたします。

・脳幹が圧迫されるどうなる?

先述したように、ストレスのせいで脳幹が圧迫されます。そのせいで、背骨や頸椎がアンバランスの集積場所となり歪みやネジレが生じます

それが癖になり、脳幹と神経をつなぐ部分に力が加わり脳幹に異常が出てしまいます。

これが脳幹が圧迫されている状態です。脳幹が圧迫されると、脳幹にある自律神経が集約されている、内分泌系の一つでもある視床下部・下垂体という部分も圧迫されます。

つまり、脳幹が圧迫されると、自律神経系が弱まり、交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなることで、自律神経失調症が起こってしまうということになります。
しかし、脳幹の圧迫は解放することができ自律神経失調症も改善することができます

・視床下部を圧迫から解放するには?

自律神経失調症を改善するには、脳幹を圧迫から解放する必要があります。解放するには、脳幹圧迫の原因である「頚椎1番」の上に頭の中心が乗ってくるような状態にすることが必要となり、そのためには水平のズレとネジレを一気に調整しなければなりません

しかし、従来の方法では技術的に不可能でした。当院のオリジナル手技の脳幹圧迫完全解放手技を用いれば、脳幹を硬直させてしまう原因である、大後頭孔(頭蓋骨の神経を通す穴)のねじれ・頚椎1番と2番のねじれから脳幹を完璧に解放することができます

それにより内分泌系の原点である視床下部も圧迫から解放されます。

 

いかがでしたか。

もし、自律神経失調症でお困りであれば、ぜひ高槻カイロプラティックセンターにご相談ください。では今回はここで終わります。