脳幹圧迫完全解放手技(芸術) 背骨のライン判定(科学) 脳幹=完全脳の理論(哲学)

側弯症は早期発見が重要!家でもできる側弯症の簡易診断方法とは

お役立ち情報

 

「自分の子供は側弯症になっていないか…」「背中を見てみると少し曲がっているような気がして心配だ…」脊柱側弯症のうち8割が原因不明の特発性側弯症と言われていて、発症率は圧倒的に小学校高学年から中学校にかけて多くなっています。

側弯症は早期発見で重症化する前に手を打つことが重要なので、早めに症状に気付くことが大切なのです。

側弯症を正確に診断するためにはレントゲン検査が必要になってきますが、とりあえず簡単な方法で側弯症の兆候があるのか確認したいという方に、今回は家でもできる側弯症の簡易検査についてご紹介していきます。

 

■立位検査

立位検査はまっすぐ気を付けをした姿勢で、後ろから背骨を見て診断するもので、注意して見るべきポイントは3つあります。

1つ目は肩の高さに左右差があるかどうかということです。側弯症の場合、背骨が曲がっているというだけでなく、肩の位置も上下にズレがある場合が多くあります。

2つ目は肩甲骨の位置と突出の程度に左右差があるかということです。肩甲骨についても背骨のゆがみによって位置が変わってくるものなので、診断の際に見るべきポイントとなります。肩甲骨が見えにくいという場合には肩を回すなどして位置を確認しましょう。

3つ目はウエストラインが左右対称であるかどうかです。くびれの部分で左右に差がある場合には側弯症の可能性があります。

 

■前屈検査

前屈検査は立った状態で前屈をした時に左右の肋骨の上がり具合に差があるかどうかで側弯症の確認することができます。

明らかに左右どちらかの骨が出っ張っている場合には側弯症の可能性があるので、レントゲン検査をして正しい治療を進める必要があります。

検査という名目でなくとも、普段生活していて子供とお風呂に入る時や、服を背中に合わせてサイズ感を見る時に気付くことができます。

逆に本人は軽度の場合気づきにくいことでもあるので、曲がっているように感じたら、早めに詳しい検査を行いましょう。

 

簡易診断方法についてお分かりいただけたでしょうか?

脊柱側弯症は成長期の子供に多く見られる症状で、早期発見が大切なことから、定期検診の中でも簡易検査が行われています。

やはり子供の症状に一番に気付くことができるのは親御さんなので、日々子供の身体に異変がないか気を配るようにしましょう。

そして側弯症に気づいたら病院での早めの診断をおすすめします。

治療法については、病院でコルセットを作る・固定治療をする方法などもありますが、

脳幹解放手技のように自然治癒を目的とした神経圧迫の解消施術も選択肢の1つとお考え下さい。

次回のブログでは、一般的に採用されている側弯症の治療法について詳しくご紹介していきますね。


当院は、開業25年・のべ10万人以上の施術実績と
脳幹解放・日本一の科学的証明実績(◎特発性側弯症の改善例◎脊柱側弯症について)があります。
安心してご来院ください。

当院では、脳幹圧迫を完全に解放する施術を行います。
脳幹は、莫大で精密な統制力を必要とする「生命維持」を土台とした、
体内環境を完全に調整するシステムを有する部分です。

脳幹圧迫は、精神的・肉体的・物理的ストレスが
人体構造上最大弱点部分に蓄積したことにより起こります。

当院の施術は、この脳幹にかかっている不必要な圧力を
完全に除去し、除去できているかどうかを
背骨のライン判定により科学的に証明していくことができる
日本で唯一の施術です。

脳幹の圧迫(頭と首で発生する512種類のネジレ)を完全に解き、
3日間で30時間の休息中に、活性化させた5つの調整力
(自律神経系・免疫系・内分泌系・脊髄筋肉系・広範囲調節系)
によって精密で強力に病気を治させる施術法です。

ご予約は、お電話で。072-628-2269
(※施術中など電話にでれない事があります。 折り返しお電話させていただきますので、留守番電話にご伝言をお願いいたします。)
11時~17時(水・木定休)
◎ご予約
◎当院の場所

それでは、よろしくお願いします。

高槻カイロプラクティックセンター
阪急富田駅から徒歩5分・JR摂津富田駅から徒歩8分
電話予約制 072-628-2269
11:00~17:00(水・木定休)
◎特発性側弯症・椎間板ヘルニア・顎関節症の駆け込み寺

コメント

  1. […] 側弯症は早期発見が重要!家でもできる側弯症の簡易診断方法とは […]

  2. […] 側弯症は早期発見が重要!家でもできる側弯症の簡易診断方法とは […]

  3. […] 側弯症は早期発見が重要!家でもできる側弯症の簡易診断方法とは […]