免疫力の低下を防ぐ!?腸が悪いと、人の免疫機能が弱体化する理由について

免疫力が下がると、ガンなどの病気を発症するリスクが増えてしまいます。また、病気だけでなく、免疫力の低下により血行が悪化すると、新陳代謝が低下し、結果的に、美容的にも悪い影響を受けてしまうのです
では、どうすれば免疫力の低下を防ぐことができるのでしょうか。

・腸が悪いと、人の免疫機能の6割が低下する!?

実は、免疫力を上げる際に重要なのは、「」になります。腸は、栄養素の吸収と老廃物の排泄を担う重要な臓器のことです

私たちが生きていくために行わなければならないのが「食事」ですが、食べ物には、有害な病原菌やウイルスが付いている可能性がありますよね。

そこで、そうした有害なものが体の中に侵入しないように、免疫機能がウイルスや細菌などを排除して身体を病気から守ってくれているのです。このことから、人の免疫機能の6割は「腸」」に依存していると言われています。

・腸は、「免疫系第一次防衛ラインの要」と言われる存在

他にも、腸は重要な役割を果たしています。

まず、抗酸化作用の高いビタミンEが腸に蓄えられていて、腸で体をさび付かせる活性酸素の除去をしています。また、体内の水分量を調整するのも腸の作用によるものです。

もし、腸の機能が低下すると、粘膜組織が乾燥してしまい、簡単にウイルスや細菌が浸入できてしまいます。

腸の機能を統制しているのは、脳幹の自律神経系です。

自律神経系(原点は視床下部・延髄です。)が弱体化していなければ、腸の機能は正常になり、腸から侵入するウイルスや細菌などを腸内の善玉菌との連携で倒した後は、便やガスと一緒に排泄してくれるのです。

これらの働きから、腸は「免疫系第一次防衛ラインの要」とも言われていて、免疫の主役となる存在なのです。

・病気や怪我にならないようにする免疫系は3つある!?

腸は、病気や怪我にならないように働いてくれる免疫系ですが、実は、他にも、腸と同じような役割を担っている部分があります。それは、「皮膚」と「粘膜」です。

皮膚」は、体全体を覆っている三層構造の丈夫でしなやかな組織になります。皮脂を分泌し、皮膚表面の常在菌が出す弱酸性の物質を体全体に行きわたらせることで、有害なウイルスや細菌の増殖を抑制してくれるのです

一方の「粘膜」は、表皮とは別に露出している器官を保護している粘着力の高いうるおい成分で満たされた部分になります。外部から侵入してくる異物を捕まえて、分泌液や老廃物と一緒に排泄してくれるのです。

いかがでしょうか。腸、皮膚、粘膜は、病気や怪我にならないようにする免疫系になりますが、免疫系の主役となるのは、「」なのです。つまり、腸内環境を良好に保つことで、免疫力の低下を防ぐことができると言えます。

今月の営業日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする