脳幹圧迫完全解放手技(芸術) 背骨のライン判定(科学) 脳幹=完全脳の理論(哲学)

脳幹の圧迫(頭と首で発生する512種類のネジレ)を完全に解き、
3日間で30時間の休息中に、活性化させた5つの完全な調整力
(自律神経系・免疫系・内分泌系・脊髄筋肉系・広範囲調節系)
によって精密で強力に病気を治させる施術法です!

詳細はこちら

遺伝子と脳幹解放手技

岩崎潤一の哲学

【脳幹解放手技の概要について】

高槻カイロプラクティックセンターで施術している「脳幹圧迫完全解放手技」は”脳幹=完全脳の理論”に基づく当院オリジナルの手技であり、他院では真似のできない施術法です。

この章では当院の哲学とも言える”脳幹=完全脳の理論”とはどのような理論なのか、またそこから導き出される「遺伝子」との関連性について詳しく説明していきましょう。

 

【”脳幹=完全脳の理論”とは】

脳の中で最大の容量を持つのは”大脳”と呼ばれる部位で、脳の見た目の大半を占めています。したがって”脳”をイメージする時にはみなさんこの”大脳”をイメージしているはずです。

大脳をさらに部位別に分けていくと
・大脳皮質
・前頭葉
・側頭葉
・頭頂葉
・後頭葉
に分けることができます。

そしてこの大脳と脊髄とを繋いでいるのが「脳幹」になります。

しかし、脳幹は単に大脳と脊髄にある中枢神経とを繋いでいるだけでなく、あらゆる情報を集積・解析して脳と各神経束に適切な情報を送り込み、「生命維持装置の中枢」として機能している最重要臓器です。
そのため脳幹はさらに

間脳:大脳を覚醒させ情報をコントロールする「視床」と自律神経を統制する「視床下部」からなる器官

中脳:大脳皮質と小脳、脊髄を繋ぐ重要な中継点

:小脳、大脳、脊髄との情報のやり取りをスムーズに行うための中継点

延髄:頭蓋骨と頚椎の境目付近にあり自律神経や運動神経の集約地点

という重要な器官で構成されている。というのが今までのお話しでした。

”脳幹”内の各部位の働きをみると「間脳」を構成する「視床」と「視床下部」は特に重要な働きを担っていていることがわかりますね。

ここで唐突ですが、みなさんは「言霊(ことだま)」という言葉をご存知でしょうか?言葉はそれぞれ固有の意味を持ち、そこには魂がこもるという意味なのですが、日本語は世界中のあらゆる言語の中でもっとも強い言霊を持っていると感じています。

なぜ、いきなりこのような話しを始めたかというと「脳幹」という名称に注目していただきたいからです。

「幹」という漢字には”中心”や”物事の主要部分”という意味があります。つまり「脳幹」とは”脳という臓器の主要部分にあたる器官”という意味が込められているのです。

冒頭部分でも述べたように普通”脳”をイメージする時には大脳に意識がとられがちです。もちろん大脳も重要な器官なのですが、それ以上に「脳幹」は重要な働きをする器官であるという言霊が、このたった二文字には込められているのです。

「脳幹」を英訳すると”The Brain stem”になります。stemは植物の茎、あるいは木の幹という単純な意味しか持たない単語ですが、日本語の「幹」になると「物事の主要部分」というもう一つの意味が内包されるのです。脳幹が「生命維持装置の中枢」であるということを知ればこの二文字に込められた言霊の深さを実感できると思います。

脳幹=完全脳の理論”の根拠がここにあります。

少し話しが脱線してしまいました。。。元に戻しましょう。

脳幹が「生命維持装置の中枢」であるという事実は、もう一つの重要な物質との密接な関連性を示唆しています。それが「遺伝子」との関連性です。

前章の【遺伝子と脳幹】の章でも述べましたが、遺伝子はその人の一生を決定づける基本的な設計図です。そこには見た目の特徴以外にも病気や寿命の情報までもが記録されています。

また、免疫系についての詳細なデータも記録されていることから、脳幹は遺伝子からあらゆる情報を入手し、外部から得られた情報とすり合わせ、そこから導き出された最適な対処方法を記載した詳細なデーターを脳や中枢神経に送っていると考えられます。

これは言い換えれば脳幹が遺伝子を100%理解しているからこそできる高度な処理と言えるのです。

その処理能力は地球上のあらゆるコンピューターをフル稼働してもかなわないほど高度で高速な演算処理を行っていると言えます。

ところが、姿勢が悪くなったり、筋骨系に怪我や病気が発生すると重心が変化し、ちょうど頭と首とをつなぐ位置にある脳幹には不自然な圧力が加わることになります。

この不自然な圧力が加わり続けることで次第に脳幹の機能が低下していき、適切な演算処理や情報の受け渡しができなくなっていきます。

こうなると脳や中枢神経も機能不全を起こし、重大な運動障害や健康被害をもたらすようになります。

また一方で”遺伝子情報の解析が不正確になってしまい、重大な疾患を引き起こす危険性が高まります”。

(例:遺伝子のコピーエラーによるがん細胞の発生や自己治癒力の低下によるいろいろな病気の発症など)

この”悪しき状態”を解消するには「脳幹にかかっている不自然な圧力(ストレス)から脳幹を解放する」ことに尽きます。

インターネットの世界に置き換えれば”パケ詰まりを解消することでスムーズなブラウジングとデータのやり取りができるようにする”のと同義になります。これで、文字化けやデータの読み違えが解消されるのと同じように、脳幹が持つデーターの送受信能力が向上し、エラーを起こす頻度が見違えるように減っていきます。

脳幹のメインソース(情報源)は遺伝子ですから「脳幹圧迫完全解放手技」によって遺伝子情報の読み込みエラーを解消するというのはシンプルながら最適な対処法になる、というのが「脳幹圧迫完全解放手技」の理論になっています。

当院は、開業27年・のべ10万人以上の施術実績と
脳幹解放・日本一の科学的証明実績(特発性側弯症の改善例脊柱側弯症について)があります。
安心してご来院ください。
当院では、脳幹圧迫を完全に解放する施術を行います。
脳幹は、莫大で精密な統制力を必要とする「生命維持」を土台とした、
体内環境を完全に調整するシステムを有する部分です。
脳幹圧迫は、精神的・肉体的・物理的ストレスが
人体構造上最大弱点部分に蓄積したことにより起こります。
当院の施術は、この脳幹にかかっている不必要な圧力を完全に除去し、除去できているかどうかを背骨のライン判定により科学的に証明していくことができる日本で唯一の施術です。ご予約は、お電話で。 072-628-2269 (※施術中など電話にでれない事があります。 折り返しお電話させていただきますので、留守番電話にご伝言をお願いいたします。)
11時~17時(水・木定休)
ご予約
当院の場所
それでは、よろしくお願いします。
高槻カイロプラクティックセンター
阪急富田駅から徒歩5分・JR摂津富田駅から徒歩8分
大阪府高槻市富田町3丁目28-6
特発性側弯症・椎間板ヘルニア・顎関節症の駆け込み寺