お役立ち情報

脊椎のねじれを伴った脊柱の側弯状態のことを脊柱側弯症と言い、側弯症が進行すると変形による心理的なストレスの原因や腰痛、肺活量の低下などによる呼吸機能障害が引き起こされるとも言われています。

特発性側弯症とは背骨が様々な原因で曲がってしまう病気で、割合としては思春期側弯症が最も多く、小学校高学年から中学校のお子さんに多く発症すると言われています。

特発性側弯症は、詳しい原因がいまだ解明されておらず、現代でも難病の1つとされています。状態が悪化していくと、正常な脊柱に戻すことが困難になり、深刻な健康被害も出てきます。「となると、リスクの高い手術でしか治せないのではないか」と諦めてしまう方も多いのですが、そんなことはありません。

特発性側弯症という病気は細かい原因が不明とされており、現代でも難病の1つだと言われています。成長過程で発症することが多いこの病気は、放置するのは危険とされています。「そのような原因不明の危険な病気ならば、手術しか治療法がない」
と諦めてしまう方が多いですが、そんなことはありません。当

特発性側弯症という病気は細かい原因が不明とされており、現代でも難病の1つだと言われています。成長過程で発症することが多いこの病気は、放置するのは危険とされています。「そのような原因不明の危険な病気ならば、手術しか治療法がない」
と諦めてしまう方が多いですが、そんなことはありません。

当院で治療している病気の代表的なものとして「特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)」が挙げられます。今回は、特発性側弯症とはどのような病気なのか説明してこうと思います。

人って 「もう、これ以上はガマンできない」 「どうにか助けて欲しい」 そう思った時にはじめて治療に通い出します。 それは無理もないことですよね。 ごまかしながらでも生活ができれば、 「もうちょっと頑張ろう」 「痛いのは今  続きを読む

世の中、目できちんと見えるもの、確かな証拠を見出せるものしか、科学の分野では認められません。 答えが未だ白日のもとに出てこない物は、哲学に属するという話を聞いたことがあります。 確かに、進化論も地動説も始まりは哲学でした  続きを読む

「脳」は大切!ということを皆さんご存知だと思います。 地震や火事などの避難訓練の時なども、まずは頭を防御することを教えられます。 脳が動きを止めてしまうことが、生命の危機につながるからです。 救急等でも「呼吸・心臓が止ま  続きを読む

首がこっているのかな? 疲れがたまっているから背中が重いのかな? でも、そのようなことを口に出すと 「子供のくせに、なにを言っているの?」 とか 「姿勢が悪いからでしょう、ピンとしなさい」 と逆に注意されたりしませんでし  続きを読む

口を開くと顎がカクカクと鳴ったり、顎に力が入らなくなってしまったり、顎が痛むといった症状のある場合には顎関節症の疑いがあります。放置しておくと痛みが増しますし、噛み合わせが悪くなって内臓にまで悪影響を与えかねませんから、  続きを読む

近年とくに腰痛に悩む方が増えているようですね。 日本人の10人に1人が腰痛持ちであるとの統計データがでているほどです。 厚生労働省が行った平成22年の国民生活基礎調査の結果によれば、自覚のある症状として「腰痛」が男性の1  続きを読む

科学物質やストレスを多く抱える現代の生活の中で、今や癌にかかる確率は2人に1人とも言われています。 周りを見渡しても、確かに身近な人の中に癌と戦った経験を持つかたは多いですよね。 恐れられている癌ですが、「癌」=「死」と  続きを読む

「更年期障害をうまく乗り切りましょう」 そんな言葉を聞いてどう思われますか? 「あぁ、これは誰でも一度は通らなければならない年齢的な病なのだ」 「つわりと一緒で、いつかは治るだろうから、通り過ぎるのを待つしかない」。 そ  続きを読む

高槻カイロプラクティックセンターでは特発性脊柱側湾症や椎間板ヘルニア、顎関節症などといった難病や関節リウマチやパーキンソン病、ジストニアなどといった難病でお悩み方からのご相談を数多く受けています。 そのため「難病施術と聞  続きを読む

ご来院される方から受けるご相談は多岐にわたりますが、なかでも多いのは「どのような施術をするのか?」とか、「痛くはありませんか?」といったご質問です。 カイロプラクティックとひとくちに言っても治療院によって施術の細かい方法  続きを読む

関節リウマチでお悩みの方は多いようです。 そのためインターネットで検索してみると、治療薬や治療法、研究成果など、さまざまなリウマチに関する情報が掲載されています。 なかでも気になったのは、医療情報専門サイトのCareNe  続きを読む

ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患であるパーキンソン病。 一般的にはいまだ聞き慣れない病名というイメージがあるようですが、じつは我が国日本におけるパーキンソン病の有病率は1,000人あたりに約1人といわれ、全体で1  続きを読む