がんについて

がん細胞は、健康な人でも1日に3000個〜6000個は誕生しています。
ただ、それらのほとんどすべてが、大きく増殖する前に、リンパ球などの免疫細胞によって殺されてしまいます。
つまり、がん細胞は毎日確実に生まれているのですが、免疫の力によって、それが大きくならないようになっているのです。

ところが、過剰な精神的ストレスは、物質エネルギーに変換され貯蓄されます。
その部分が、神経の出入り口である頚椎1番・2番であり、この部分に側転・斜転・捻転に変換され貯蓄されてしまうのです。

頚椎1番・2番には、脳幹がもぐりこむように存在しているため、歪み・硬直・萎縮により圧迫され、脳幹の働きである自律神経系・免疫系を統括・コントロールする力が減退します。
すると脳幹から発する副交感神経(迷走神経)が減弱化し、交感神経が過剰になり、交感神経から分泌されるアドレナリンが大量放出され、全身で血流障害が起こり、細胞に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなります。
また、アドレナリンの受容体を持つ顆粒球の増加により、活性酸素が大量に発生し、体内のあちこちで組織破壊が起こります。
(顆粒球の増加は、必然的にリンパ球の減少を起こしてしまいます。)

つまり、毎日どんどん誕生するがん細胞を、次々と24時間年中無休で攻撃してくれているリンパ球が減ってしまうので、がん細胞が生き延びる可能性を高くさせてしまうのです。
こうして生き延びたがん細胞が増殖していくと、がんを発病することになります。

がんを自然治癒させるためには、自律神経系・免疫系の中枢である脳幹の働きを100%引き出し、神経の流れを正せばよいのです。

脳幹のつまり・圧迫の原因は、頚椎1番・2番の3軸複合捻転です。
noukankaihou
By Images are generated by Life Science Databases(LSDB). [CC-BY-SA-2.1-jp], via Wikimedia Commons

脳幹の働き

人体を総合的に管理しているのは脳です。
脳とひとことで言っても大脳、小脳をはじめとする脳がさまざまな役割を担っています。

なかでも人間の生命を管理しているといっても過言ではない「脳幹」は人体の免疫システムをコントロールしています。
免疫細胞1つひとつに脳幹からの指令を行き渡らせれば、自分で病気を治すことが十分に可能なのです。

体内の異物を排除する免疫システムが正常に働けば、病気の原因を取り除くことになり、根本的な治癒につながります。

(ガンは自分で治す!オーラメソッドより引用)

(新潟大学医学部教授 安保 徹先生)

noukan11

約5ヶ月で乳ガンが消失しました!
Mさん 大阪府 50代 主婦

voice173

私は、統合性失調症と乳ガンを患っていました。
乳ガンを告知されたのは、1年半前です。病院に行くと手術をすすめられました。
しかし、パソコンで当センターを見つけ、治療していただいたところ、約5ヶ月で乳ガンが消失しました。とてもうれしかったです。
統合性失調症の方も
「体が元気になれば心も元気になる。」
というお話をしていただき、カウンセリングもされるので、心の悩みも少なくなりました。
指圧はとても気持ちがいいです。
これからも、健康のために当センターに定期的に来るつもりです。
ありがとうございました。


voice13お医者さんから不思議がられました。
田村さん 東京都 40代

難病の私が、全身整体による徹底的な原因追究で、ひどい薬害から解放されました。
しかも、腫瘍が増幅・転移せずにむしろ退縮している、とお医者さんから不思議がられました。
私は、この病気を完治させる予定ですので、先生の力をお貸しください。


当院のアプローチ

当院オリジナル手技なら、この複合捻転を正確・確実に開放することができます。

C1-2b C1-3bC1-5bC1-7b

脳幹が正常に機能するようになれば、がんは自然消滅し、回復の期待が持てるのです!

【施術後は、こんな効果があります】
・過剰な精神的ストレスにより捻れてしまった頚椎1番・2番を確実に調整することができます。

・脳幹圧迫の原因である頚椎1番の水平捻転を完全に調整できます。

・脳幹圧迫が解放されていることを、施術前後の背骨のライン判定により、目で見て確認できます。

・脳幹圧迫の解放により、自律神経の最良のバランス状態(交感神経[顆粒球活性]6:副交感神経[リンパ球活性]4)へ導きます。

・完全解放された脳幹の強力な統制力によって、がんを自然治癒へ導きます。

・薬や手術の副作用を大幅に軽減できます。

・先祖代々脈々と受け継がれてきた莫大な力(脳幹の強力な統制力)を自ら感じ取ることができるため、自信を持って健康回復へ取り組めます。

今月の営業日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

New title