院長ごあいさつ

当院は、特発性側弯症・椎間板ヘルニア・顎関節症・パーキンソン病・慢性関節リウマチ・ジストニア・多発性硬化症などの難病を得意分野としております。

岩崎 潤一(高槻カイロプラクティックセンター院長)

脳幹圧迫完全解放手技創始(芸術)
背骨のライン判定(科学)
脳幹=完全脳の理論(哲学)

1965年11月3日生まれ
新潟県上越市出身

院長ブログ
ツイッター
フェイスブック

私は、柔道の推薦で高校に入ったぐらい柔道に人生を懸けていました。
全国から柔道の猛者たちが集まってくる私の高校では、身長180cm以上・体重100kg以上の先輩や同輩が10人以上いました。私は、身長163cm・体重55kgでしたので、その方たちと練習して勝とうとすると体に相当なダメージを蓄積させてしまい、両足首の骨折を皮切りに、特発性側弯症・顎関節症・椎間板ヘルニア・外反母趾などになり、ある病院では左膝に悪性腫瘍があると診断されました。
精神的にもうつ状態で高2の1年間は、柔道は全くせずに、自分の体を治すために様々な治療院めぐりをしていました。

20軒以上行った中の1軒の治療院で、私の体は劇的に変化したのです。
その治療院は、上部頚椎専門のカイロプラクティックをされているところでした。

様々な症状がほぼ消えてきた高3の夏ごろには、左膝の悪性腫瘍も消失していました。
この時に私は、どこに行っても治せない病気を治せる、飛びぬけた技術を持つカイロプラクターになる!と将来の目標を決定していました。

18才〜19才(1年間)夜間・整形外科でアルバイト(頚椎専門治療院の指示) 18才〜19才(1年間)昼間・油圧関連メーカー勤務

19才〜22才(3年間)上部頚椎専門治療院で夜間アルバイト
(この治療院の提携しているアメリカのカイロプラクティック大学で毎年・人体解剖実習[合計3回])
19才〜21才(2年間)外語専門学校入学・卒業 整体専門学校入学・卒業
21才〜23才(2年間)カイロプラクティックカレッジ入学・卒業(卒業研修でアメリカのカイロプラクティック大学で人体解剖実習[合計4回目])
19才〜23才(4年間)朝刊のみ新聞配達・集金・営業(最優秀新規拡張賞2度受賞)

23才〜25才(2年間)学校の親友といっしょに藤井寺カイロプラクティックセンターを開業・運営(2年目の初めに人体解剖実習[合計5回目])

◎合計5回の人体解剖実習では、頭蓋骨・頚椎1番2番と脳幹の位置関係、背骨・骨盤と脊髄神経の走行を目で確かめる、神経硬膜が頭蓋骨の内側以外に背骨や骨盤のどこに付着しているかを確かめる、24個の背骨の中でどこに奇形が多いかを毎回確かめて統計をとる、正中・橈骨・尺骨神経の走行、大腿・閉鎖・坐骨神経の走行を確かめる、実際に背骨を1つ1つ動かして脊髄神経がどのように圧迫されるのかを確認するetc.開業する前に治療で必要な人体の中身を目に焼きつけ脳に叩き込むように、毎回臨みました。

25才〜50才(25年間)高槻カイロプラクティックセンターを開業・運営

開業するまでの7年間の研究と、開業してからの25年間の臨床経験により、完全手技によるオリジナル整体(脳幹動療法・脳幹圧迫完全解放手技)を完成させるに至ったのです。

様々な病気が一度に押し寄せ、一時期は死を覚悟していました。
全身が痛くて辛い地獄の苦しみの中で、上部頚椎カイロと出会い、
「これは、必ず全部良くなる!」
と確信できた時の喜びを今も忘れることはできません。
この様な経験をした私だからこそできることがあります。

人は苦しみから解放された時に、なんとも言えない素晴らしい顔をします。
「ああ、治りました。ありがとう。」と言ってニッコリ笑う。
その笑顔を見たときの爽快感・充実感が最高で、この仕事を続けています。
脳幹脳幹
脳幹を完全解放し、自らの莫大な生命力(人類が誕生して700万年、一度も途切れることなく先祖代々、脈々と受け継がれてきた力)を100%引き出すことによって、どのような病気であっても自然治癒することができます!
病気で悩んでいる人々の不安や恐怖を吹き飛ばし、新しい未来に向かって前進する夢と希望を与える生命力の引き出させ屋になることが、私の無上の喜びなのです。

どこに行っても良くならない方、是非、ご相談下さい!

今月の営業日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

New title